忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [287] [286]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は部室にて東方シリーズの同人対戦アクションゲーム?のひそうてん大会がありました。

ちなみに僕は東方?マスターアジアの事だろ?ばかもんがぁーっ!という極まったレベルの人間です。

東方の大会なんだから超級覇王電影弾やら石破天驚拳やらマスタークロスやらがぶっ放されまくるすごく暁に死ねそうな大会なんだよね!と思い、格ゲー勢のじつりきとやらを見せ付けてやるぜとばかりに参戦してきました。





馬に蹴られて地獄に落ちました。

会場についてみると既に四人のガンダムファイター達が待ち受けていました。
ネオ大分代表かるゆさんにネオ山口代表ネクロのミカンさん、ネオ福岡代表MELEEさん、ネオ法律相談所代表inkさんらが太陽が落ちるまで拳を握って殴り合っていた次第でゴザイマス。


もうGガンダムネタも思いつかないので普通に書くことにします。 ※ネタバレ 東方不敗は宇宙人

自分は以前のミカンさんの日記で、ハイパーボッ!!を使うキャラがいると知り、そのキャラを使ってちぎっては投げちぎっては投げをしてやろうと、ハイパーボッ!!にホイホイ釣られていったのでした。

着くとすぐに対戦開始。一面ボスは呪のデーボのような金髪の女子キャラ(かるゆさん)でした。フルボッコにしてやんよ!
何を隠そう、自分がこのゲームをするのはこれで二回目。ハイパーボッ持ちのキャラを触ったのは今日が始めてだったのだ!
とりあえず簡単に説明を受けていざラウンド1!

ええ、フルボッコにされました。
なんていうんですかね、人形を設置されてからはもう、虐めの領域でしたかね。イジメイクナイ。

そのまま二面へ。やられたのにステージ進むっておかしいよね。
二面ボスはWガンダムだかZガンダムっぽい浮いてる女子キャラ(MELEEさん)。
グレイズの使い方を少し覚え、今度こそフルボッコにしてやる!と意気込んで対戦開始。

やっぱりフルボッコにされました。
なんていうんですかね、近づけません。遠距離からじっくり焼かれただけでした。
ここで天候の台風を初体験、まず一回目の挫折。

そのまま三面へ。まだ続くのかよ、糞ッ糞ッ!
三面ボスはナイフをばら撒いてくる危ない女子キャラ(inkさん)。
格闘→グレイズ→射撃→格闘 の強弱関係を学習し、今度の今度こそフルボッコにしてやんよと意気込んで以下略。

もちろんフルボッコにされました。
なんていうんですかね、ケツの穴にツララを突っ込まれたような気分と言うか、黒ヒゲ危機一髪状態にされただけでした。
このへんで二回目の挫折。投げが短い、操作になれていないためすぐに出ない、暴発多すぎともうね、アホかと状態。

そのまま最終ステージへ。もう勘弁してください。
最終ボスはタケノコ厨の女子キャラ(ミカンさん)。
ここまで何とか辿り着いたんだ、せめて一人くらいは地獄への道連れにしたいと捨て身の覚悟で対戦開始。

言うまでも無い事だが、フルボッコにされました。
なんていうんですかね、タケノコが刺さってやられモーションの間に距離を詰められてコンボを叩き込まれて壁で固められて、何も出来ない状態でした。まさにフルボッコ。ケツの穴にタケノコを以下略。

その対戦を持って大会の全カードが終了、順位が決定。
優勝はミカンさん。(オッズ ×1,23)
準優勝にinkさん。(オッズ ×1,98)
三位にMELEEさん(オッズ ×2,24)
ブービー賞にかるゆさん(オッズ ×2,3)
堂々の最下位、全敗街道まっしぐらに自分(オッズ ×298) でした。
まぁ納得の結果でした。大会開催者のかるゆさんの一本締めを持って大会はめでたく終了。大盛況で終わりました。

その後はレクリエーションとして僕がサンドバックに。
ある程度慣れ始め、ミカンさんの助言もあり少しはまともになってきました。今更。
弾幕アクションゲームと称されるこのゲームですが、結局は弱打撃の刺し合いのほうが重要だそうで。
射撃はグレイズを誘う、牽制程度に考えた方がいい、とのこと。
確かに、最初は弾幕を撒かれただけでお手上げ状態だったが、グレイズの使い方を覚えると、当初ほどのプレッシャーは感じなくなった。

今更ですが、使ったキャラはスイカです。メロンじゃあないです。
このキャラ自体は性能がよく、殆どのキャラに有利が取れるらしいです。

 以下、考察

・ダメージは弾幕ではなくて格闘で稼ぐほうがいい
・天候は結構大事
・投げ範囲が狭い。相手の飛び込みに対して、着地読み、または入れ込みつぶしくらいに使わないと絶対にあたりそうにない。
・というより、ガードできる投げって投げじゃなくね?
・地上連携が下段、中段の二択のオンパレード。いつもの2D格闘ゲームみたいに、相手が宙に浮いていたら中段、ディレイ込みで中段、とかではないので、しゃがみガードのみはかなり危険。
・固められたら大人しく一発喰らってダウン→移動起き上がりした方がいいかもしれない。
・N入力が大事。
・距離によって格闘の技がかわる。自キャラの間合いくらいは把握しておくべき。
・暴れは殆ど無意味。
・2Aからコンボにはいけないキャラの方が多い。2Aではなく、Aを刺さなければジリ貧。と言うより勝てない。
・ダウンから起き上がりまでは完全無敵。起き上がってから起き攻めしないとスカ硬直にAを刺されるだけ。
・移動起き上がりの間も無敵で結構距離がでる。間合いを放してもいいが、近づいて奇襲してもいいかもしれない。
・グレイズ見てからでは発生の関係上対応が間に合わない。入れ込みするくらいでいい。読みが外れてもグレイズでわりと逃げられる。それまで読まれていた場合は諦める。

二時間ほど触りましたが、特に思ったのはこれくらい。
自分がもっと上達するには、

・自キャラの間合いを把握する。A→Aがつながらずに2Aで割られることが多かった。
・無駄に射撃を撃たない。あくまでグレイズを誘う、飛び込みの際の牽制くらいに。
・スペル、必殺技はN状態のときしか入力を受け付けていないので、意識してNにする。
・マジックゲージに注意する。ガード割られまくりワロえない。
・スペルカードをキチンとチェックする。投げがどっちが出るかわからないまま撃つなんて博打なんてレベルじゃない。
・天候の影響を考えて行動する。台風だけは勘弁な!
・すぐにしゃがみガードする癖を無くす。あと、JAがJ2Aに化けないように意識する。
・最低限のコンボくらいできるようにする。

くらいか。次回大会がもしあるとするならば、真面目に参加したいと思う。
そのためにはもうちょっとくらい触っておくかな。負けっぱなしは悔しいし。







おっと 、 いえには PAD が なかった 。
ざんねん ! かものはし の ひそうてん は ここで おわって しまった 。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds