忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 タイトルに特に意味はありません。ソロモンの悪夢です
 補講だとかテストだとか面倒な行事が目白押しな季節になりましたね。一つの授業のためだけにこんな寒い日に学校まで1時間かけて行くのは非常に面倒です。
 
 さて、今日は気分を変えて風来のシレン2~鬼襲来シレン城~というゲームについて書きます
 このゲームは64(すごく懐かしい名前ですね)のゲームで、僕が小学生のころかなり夢中になってやっていたゲームの一つです。
 なぜ今頃こんなゲームを紹介するかというと、とある偉大な実況者の方に影響されてもう一度ちまちまとやりだしてつい先日ついに最終ダンジョンの「最果てへの道」をクリアしたからです。

 この最果てへの道というダンジョンは最大99階まであり、アイテムの持ち込みは一切なしというクリアするために必要な要素の中に「運」の文字が必ず入るであろうダンジョンです。
 実際に僕が思うクリアするのに必要であろう要素を羅列してみると
 ①おにぎりの確保
 ②剣と盾(両方強化して最低限の強さとして40は欲しい)の確保
 ③補助アイテム(巻物系や草や壺)の確保
 ④鬼ヶ島を問題なくクリアできる実力
 ⑤運
 となります。
 ①、②、③は当然として④はおまけ⑤は必須と考えてもらって結構です

 さらにこのダンジョンを難しくしているのはアイテムがすべて未識別の状態だということです
 なので拾ったばかりでは何のアイテムかわからず、アイテムが断定できる状況にならないと使うのが非常にためらわれる(というか断定できるまで使わない方がいい)ので回復できずにやられたり、モンスターに囲まれてフルボッコにされて終了したりというのは珍しい話ではありません。
 しかし、何とか中盤(40階前後)まで来ると大抵必要なアイテムは識別が終わっているので後は事故などがない限り基礎を徹底するだけでクリアできるダンジョンでもあります。まぁそこに行くまでが少し大変なんですけど。
 ほかにもモンスターハウスだとか黄金の間だとかもっとクリアに絡む要素はありますが、これらのものはめったに出てこないのでここでは書きません(僕はこの前モンスターハウスに10回以上遭遇してやる気が失せましたが)
 
 気が向いたらもっと詳しく攻略情報を書きますね
 それでは今日はこの辺で
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds