忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[496] [495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、副会長です。
先日、「乙嫁語り」を買ったのでその感想でもと。

「乙嫁語り」は隔月刊誌「fellowsa!」で連載されている漫画で「エマ」の作者の森薫さんです。

舞台は19世紀中央アジアカスピ海周辺都市。
今のカザフスタンとかウズベキスタンとかその周辺だと思われます。
そこに住むエイホン家の子息のカルルク(12)が花嫁を迎え入れます。
山を越えてやってきた花嫁アミルは20歳。
8歳の年の差を越えて二人は愛を育んでいく話です。

とにかくこのほのぼのした感じが大好きです。
多くは語らず、雰囲気で見せるといえばいいのでしょうか?
私はこの作風が大好きです。
後キャラが魅力的です。
カルルクが12歳にしては大人ですが。
小学6年生と同じ年なんて思えませんね。
やはり次期後継ぎということで大人っぽく描かれているかもしれません。
まあ、実際嫁さんもらってるわけだし。
嫁のアミルもまた魅力的に描かれています。
料理上手で裁縫上手、天然だけど野性的。
野性的だけども決して品がないということではなく男まさりとかそういうわけではありません。
なんか可愛いです。
ほかにも、魅力的な家族や嫁さんが出てきます。(ちなみに私はおばあ様が好きです。)
キャラも魅力的ですが、しっかりと描くペンタッチもまたすばらしいです。
人物がはっきりと描き出され、あいまいな感じがみられません。
服とか絨毯の模様とか気の長くなるような模様の数々が細かく描かれていて素敵です。
もう好きです、本当に。
「エマ」も大好きです。
全巻絶対揃えます。
あと、気になる漫画といえば、「デットマン・ワンダーランド」ですかねぇ・・・。
エウレカの漫画書いてた人たちで、絵が好きです。
1~6巻まで見ましたが、続きを読んでないです。
もう見てたらガンタが可哀想で可哀想で・・・。
理不尽すぎる・・・。
とりあえず、これも全巻揃えたいです。
俺、テスト終ったら「エマ」全巻を密林さんに頼むんだ・・・。 


安和

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds