忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶賛進行中の総メ研ゲーム制作プロジェクトで、不承ながらシナリオを1ルート担当させてもらってます。

文才の無さは分かりきっていたのですが、この度語彙力の貧弱さも発覚し、苦戦を強いられる毎日が続いています。自分の脳に貯蔵されていた単語が底をつき、「あれ、さっきもこんな表現でなかったっけ?」と今日だけで3回感じました。

完全な自分の趣味で「魔法には詠唱が必要」という設定を入れてもらい、毎度毎度楽しみながら詠唱を考えてるんですが、参考にしようと思ってブリーチに手を伸ばしたときの挫折感は異常です。かるゆさんも言ってましたが、絶対に常人の脳からは「血肉の仮面」「灼鉄熒熒」「ロンダニーニの黒犬」「罪知らぬ夢の壁に僅かに爪を立てよ」などの言いまわしは絶対にでてきません。越えられない壁、という言葉はこういうときに使うんだな、と痛感させられます。

ていうかシナリオ構成、キャラ設定の両面で、多大にエヴァの影響を受けている気がします。全く似せるつもりはないのに、気づくとどこかエヴァ臭漂う感じに。プロット見たかもから「これ最後完全にエヴァ破じゃないっすか」ってツッコまれたときは、さすがにヤバいと思いました。

分かりやすくまとめると、

・木星ルートのヒロイン→綾波
・学園長→ゲンドウ
・後輩(HNわからん)ルートのヒロイン→アスカ
・全ルート共通の男友達→ケンスケ+ヒカリ÷2

みたいなメンバーで、「一人ぼっちの綾波を、アスカや他の友達、ゲンドウと仲良くさせよう」みたいなことをやってます。今日うちのヒロインと後輩のヒロインが言い争うシーン書いてたんですが、気づいたら後輩のヒロインに「なによ、えこひいきのくせに!!」って言わせてて、慌ててBSキー連打しました。

〆切りまであと12日。間に合うようにがんばろうと思います。

木星


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds