忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日発売の「プレデターズ」のBD&DVDが早速届きました。
アマゾンで注文していたため、明後日くらいになるだろうがまあいいだろうと思っていたのですが、何とアマゾンが本気を見せました。
発売日の朝に届くとか、マジアマゾンちゃんメール便トントン。
メール便は早くて便利なんですが、ポストにポンと入れられるだけなので、少し心配ですね。
月末のスパロボLも早ければいいなぁ。期待してるぞアマゾヌ。

 かものはし

というわけで、早速DVD版を見ました。
特典映像がBDにしか入っていないって、どういうことなの?


以下感想でゲソ。

評価 C


・プレデターシリーズとしてはあまりいいものでは無かったのではないか。アクション映画としてみても、肝心の見せ場のシーンが暗すぎて、何をやっているのかよく分からない。部室のテレビがブラウン管であったのもあるかもしれないが、とにかく見にくい。明日、BD版+デジタルテレビ+暗室で見直してみるつもりだ。それでも暗ければ、そういうことだ。AVP2から何も学んではいなかったと言う事か・・・。(注1)

・プレデター1へのオマージュが多いのはいいが、肝心な所で期待が裏切られる。ラストに主人公が身体中にドロを塗って戦うのだが、周りに炎を起こして戦っている為、ドロの意味が無い。むしろ普通に考えたら逆に人型に温度差が浮かび上がってしまうんじゃないのかな。(注2)その戦いのとき、主人公とプレデターが超至近距離でにらみ合うシーンがある。自分は1の名台詞「醜い顔だ・・・」を期待したのだが、それを匂わせる台詞すら無し。ここまでオマージュしといて何故そこだけ抜かすんですかー!

・話の展開が速いわりに無駄なところが多く、肝心のシーンは結局詰め込みすぎな形になってしまっている。序盤はサクサク進むが、中盤、新キャラが出てきてからのテンポが悪い。その新キャラも重要キャラの癖に、キャラも立てる暇もなく死んでしまう。正直、必要なかったのではないかとすら思える。

・プレデターたちが人間を『狩猟』する、と言うテーマだからなのか、プレデターが正々堂々では無く、罠を使ったり、猟犬を使ったりする。プレデターは、2で、「相手には敬意を表し、一対一で勝負を挑み、相手を倒し、それを誇りとする戦士」というキャラ付けがなされた。そのため、2では武装をしていい一般市民や妊婦は殺さなかった。そして、2でメインをはったプレデターを倒した人間に敬意を表した。AVPでも、主人公を戦士と認め、エイリアンたち相手に共に戦った。(注3)今作では、そのプレデターらしさが薄かったと思われる。さらに、人間が自分たちよりも強いプレデター相手に、根性で立ち向かうのが醍醐味なのに、プレデター対プレデターとかやられても正直、ねぇ。

・ヤクザが妙にプッシュされる。どうして現役バリバリの軍人よりもヤクザのほうが活躍するのか。っていうかヤクザのアクションシーンへの力の入れ方が異常である。まあ、インタビューで、日本刀を使ったアクションをやりたかったとは言っていたけれども・・・。悪くは無いのだが、何か違うような。しかもここも全体的に暗くてよく分からなかったし。

・縛られていたプレデターなど、もう少し考察できそうな点があり、それを考察するのも面白そうだと思っていたら、特典映像でその考察できそうな点を実につまらない結論で埋められた。ローランドとの因縁をもったプレデターだとか、もう少しひねれたんじゃないのかなー。それと、伏線が分かりやすすぎる。毒植物の所なんて、もっとあっさりしといてよかった。誰がどう見ても、医者がこれを使って裏切りをするだろうとの考えに行き着く。

・特典のアメコミ後日譚が、結局同じ終わり方で殆ど意味が無い。

と、こんなところでしょうか。
個人的には、もっとプレデターらしいプレデターが見たかったですね。
続編の構成もある、と言う事で、そちらでのリベンジを期待したいところです。
とりあえず、明日もう一回見ておこうと思います。三千円分は楽しまないとなー。


注1)AVP2では、アクションシーンなどの殆どが屋内または外であっても夜だったため、画面全体が暗く、何が起こっているのか殆ど分からなかった。このため、映画館に苦情が殺到した。ちなみに、全体を暗くすると言うのは、CGやセットの荒が分かりにくくなったり、雰囲気を高めるなどの効果もあるため、一概に悪いこととは言えない。だが、やりすぎは厳禁と言うことか。

注2)プレデターの目は、サーモグラフィーのようになっており、温度で敵を判別する。そのため、熱源の傍にたつと相手が見えなくなる。

注3)AVP2のプレデターは、掃除屋という任務(=地球に逃げ込んだプレデリアンの抹殺及び証拠隠滅)つまり、それを目撃した者も消すと言う事よって、非戦闘員でも、自分の姿を見たり、プレデリアンを目撃した人間は躊躇無く消す。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds