忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541] [540] [539]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一体何のことかと思われたかもしれませんがブログの更新のことです。思い出すのが後1時間遅かったら危なかった…。ソロモンの悪夢です

 今日、中学の時の恩師が勤務先の学校が変わるということで中学の時の友人に呼び出され、久しぶりに中学校まで行ってきました。4年ぶりだというのに先生はほとんど変わって無く、懐かしい記憶が色々と出てきてちょっとしんみりする…と思いきや、友人たちが結構はしゃいでいてそんな空気はどこかへ消えてしまいました。まぁしんみりした空気は嫌いなのでちょうどよかったのですが…
 
 閑話休題。
 だいぶ前にEXVSの強機体の紹介をしたので今度はちょっと評価が低い機体でも紹介しようと思います。
 
 まずはケルディムガンダム。稼働初期は異常なメインの性能と汎用性が高すぎる特格の存在と対策が全然されてないということもあり強機体の候補だったのですが、1回目のアップデートのときに大幅に修正され一気にさらに対策も完ぺきにされだしたので一気に弱機体へと評価は下がりました。詳しく言うとメインの銃口補正が下がって着地を狙ってもタイミングがずれれば当たらない、格闘がないので張り付かれると距離をとるのが難しい、特格が最初から使えなくなったので溜まるまで待つことになるが使いたいときに使えないことがある、そしてこれが一番重要ですが相方をかなり選ぶということです。この機体は武装の面から必然的に後衛となるので相方と足並みをそろえないとあっという間に分断され張り付かれるor徹底無視されて片追いされるということになるので、この機体を使うとしたら固定相方で相手と実力差がある(自分が上)時でないと進んで使う人はいません。しかし使う分には面白いのでたまにはいいかもしれません。
 次はアストレイレッドフレーム。今作はただでさえ格闘機にはきつい仕様となっているので格闘機もある程度射撃武装がないとまともに戦えないのですが、この機体は射撃武装の性能が非常に低く、さらに最近軒並み評価を上げてきたスサノオやもとから評価が高いマスターやクロスボーンとまともにかち合うと勝ち目はまずありません。ただブーストをほとんど消費せずに相手に近づく手段はあるので上手く隙をつけば勝てるでしょう…3回に1回くらいは。あとこの機体の格闘性能は結構高いので相手が射撃機体なら上手く近づくことができれば十分勝機はあります。あとは機体愛でカバーしてください。

 こんなものですかね。気が向けば続きを書きます
 それでは今日はこの辺で。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds