忍者ブログ
下関市立大学総合メディア芸術研究会のブログです (`・ω・´)
[574] [573] [572] [571] [570] [568] [569] [567] [566] [565] [564]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先月に続きぎりぎりの更新ですみません。ソロモンの悪夢です。
 それでは今日は昨日予告した通りに赤キュべの考察でもやっていきます。

 この機体はコストが1000と低いので火力がとても低く相方に少なからず(というよりはかなり?)依存することになるので、固定相方と組む時に使うことを推奨します。
 シャッフルでは見知らぬ人と組むことになるので対策されてない今の時期なら大丈夫かもしれませんが、解禁されてからある程度時間がたつと馴れてくるのでよっぽど相方に合わせるのが上手い人か、相手との実力差がかなりある人(勿論上の方向に)でないと僕みたいに地雷になるので注意してください。

 機体性能は1000にしては高い方で、赤ロックは長めで、ブースト量もそこそこありますが、やはり先に飛ぶのは厳禁です。
 武装はそこそこ使えるサブと標準的な性能のメインを中心に、弾数管理をしっかりして先落ちしないようにしぶとく粘りましょう。
 特射と特格はあまり実用性は無く、闇討ち程度に使える特格はまだしも、特射に至っては格闘迎撃どころかばらまきにも使えないといったネタっぷりなので基本は封印安定ですが、この機体は弾数が少ないので弾が少ない時には使ってもいいでしょう。
 
 さて、この機体の格闘についてですが、実を言うとまだはっきり検証してないので詳しくは言えません。今の段階で分かっていることを書くと、まずN格は1段目は膝をつく感じの特殊ダウンで結構な隙を作ることができます。しかし、2段目の発生が致命的に遅く、伸びもそんなにないので確定所やダメージ稼ぎ以外で振るのはやめた方が良いでしょう。
 となるとやはり主力格闘は横格ということになるのですが、こちらは発生が若干遅いだけで、後はこれといった欠点は無いので自衛手段やとっさの格闘迎撃として振るといいかもしれません。
 何故かと言うとこの格闘は何故か判定が強く、DXの横格とかちあったほどです。しかし発生が遅めなのでクロスボーンなどの発生が早い格闘を持っている機体には一方的にぼこられるだけなので素直に逃げましょう。
 前格などは検証中ですが、判定などは強いみたいなので迎撃手段としては悪くないと思います。

 とここまで格闘について書きましたが、この機体はやはり射撃主体の機体なので自分から格闘を振ってはいけません。
 追いつめられたときや、弾が少ない時、コストにあまり影響しない時なら振ってもいいかもしれませんが、振る時は相手との間合いを考えて振らないと致命的な隙をさらけ出すことになるので注意してください。

 一通り書いたので今日はこの辺で。それではまた

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お天気情報
プロフィール
HN:
三役
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、マンガ、アニメ、映画
自己紹介:
こんにちは。
会長がだらしねぇので兄…いや、三役にも手伝ってもらうことにしました。
こんな会長ですがよろしくお願いします。
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/19 Backlinks]
[01/10 みら]
[06/24 かものはし]
[06/13 木星]
[05/08 名無しさん]
最新トラックバック
(09/26)
忍者アナライズ
[PR]Samurai Sounds